読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【Hearthstone】ンゾスハンター(wild)

前回上げたハンターデッキの焼き直しです。

shikinaji.hatenablog.com

前回の記事で紹介した【ンゾスハンター】は手札が減りやすくスタミナの消費が激しいため、コンセプトである《頽廃させし者ン=ゾス》を使わずとも勝敗が決してしまうという欠点がありました。それを改善するために《アジュア・ドレイク》や《キュレーター》を採用することで無理やり遅めの形にしたのがこのデッキです。

前回の【ンゾスハンター】よりも余裕のある動きができるようになっていると思います。

【ンゾスハンター】

f:id:shikinaji:20170426020848p:plain

回し方

【シクレパラ】と同じようにマナコスト順にカードを切っていけば結構勝てます。

調整の余地があるとすれば《飢えたカニ》や《ゴラッカ・クロウラー》などのピンポイントメタ獣、または《猟犬を放て!》や《王のエレク》などの単純にカードパワーの高いカードの採用です。環境に合わせて変えていくといいと思います。

おわり。

【Hearthstone】クエストウォリアー(wild)

今回紹介するデッキはワイルド用の【クエストウォリアー】です。ワイルドきってのアグロストッパーである《デスロード》と《ヘドロゲッパー》、さらにその2枚と相性の良い《頽廃させしものン=ゾス》を採用することにより、スタンダードの【クエストウォリアー】よりも防御力が格段に上がっています。

Hearthpwnのリストだと少し見辛いと感じたので今回はカードのサムネイルも表示されるDEKKIのリストを使用しました。

【クエストウォリアー】

f:id:shikinaji:20170421212336p:plain

回し方

盤面の取り方はスタンダードの【クエストウォリアー】と変わりません。クエストのリターンが大きいので【海賊ウォリアー】や【フェイスハンター】などのとにかく顔面を殴って来る相手以外には初手のクエストをキープして《サルファラス》の獲得を狙っていきます。

ワイルド環境下で脅威になり得る【ンゾスプリースト】や【レノロック】などのコントロール気質のデッキや【フリーズメイジ】や【OTKシャーマン】などのコンボデッキに対しては《ドブネズミ》と《デスロード》のデメリットを上手く使って相手の切り札を盤面に引き摺り出して《止めの一撃》や《乱闘》で仕留めます。

不利な相手は【翡翠ドルイド】や【エコーメイジ】。《乱闘》を上手く当てることが出来なければ勝てません。噂によれば《溶岩の巨人》がナーフ前の状態になって帰って来るらしいのですがそうなると結構厳しそうですね。

おわり。

【Hearthstone】ミッドレンジンゾスハンター(wild)

生きてます、あです。

一昨々日はミサイルのことが気が気でなくてその旨の記事を投稿したくせに、ミサイルが飛んで来ると言われていた当日はミサイルのことを完全に忘れて昼から夜までDMGP4rdを見つつぶっ通しでグラブルをやってました。人の興味なんてそんなもんです。寝て起きたら忘れてます。

閑話休題

今日、紹介するデッキはミッドレンジンゾスハンター(wild)です。ワイルドのハンターは《グレイブズーカ》の存在から海賊との相性が良く、ミッドレンジよりもアグロ寄りの方が主流ですが、ンゾスを使いたいというだけの理由でこのデッキを作りました。

【ンゾスハンター】

f:id:shikinaji:20170418200120p:plain

http://www.hearthpwn.com/decks/812565-nzoth-hunter

回し方

基本的には盤面を意識して有利トレードを繰り返します。強力な断末魔を持つミニオンを多数採用しているため、盤面を丸ごと返されるということはそんなにないと思います。

しかし、ヒロパで盤面に触れないこと、AOEを持っていないことから一度盤面を取られてしまうと取り返すのが難しいのには注意しましょう。おそらく武器と凍結の罠頼りになってしまいます。

作成コンセプトこそンゾスではありますが実際はンゾスを出さずとも勝てる(または完膚なきまでに叩きのめされる)ことの方が多いです。ンゾスを使うならコントロールに寄せることのできるプリーストやパラディンの方がいいかもしれませんね。

おわり。

雑記

今日メーデーらしいですね。

死んだら冥界通信が出来ない限りこのブログは更新できなくなると思うので更新が途絶えたらミサイルに溶かされて死んだと考えてください。

おわり。

広告を非表示にする

【Hearthstone】シークレットドラゴンパラディン(wild)

こんにちは、HS Deck Trackerをどこに入れたのか忘れてしまったあです。おかげでデッキリストの画像を作ることが出来なくてとても不自由しています。

というわけで今回紹介する【シクレドラパラ】のリストはHearthpwnのスクリーンショットとなります。英語で分かり辛いかもしれないのでカード名にカーソルを合わせるとカードイラストを表示してくれる実際にデッキを作成したサイト(Hearthpwn)のリンクも掲載しておきます。

【シクレドラパラ】 

f:id:shikinaji:20170414160102p:plain

Secret Dragon - Hearthstone Decks

回し方

マリガンは先攻でも後攻でも単体でカードパワーの高い《シールドミニロボ》と《兵役招集》を狙っていきます。デッキ名こそ【シクレドラパラ】ではありますが序盤はそれほどドラゴンに依存していません。

4ターン目辺りからドラゴンシナジーを意識して動きます。手札に常に1枚以上ドラゴンを抱えているのが望ましい状態です。しかし、テンポデッキなので出すカードがない時や他のカードのバリューが低い時はシナジーが発揮できなくても出した方が良い場合もあります。

7ターン目からはマナカーブに沿ったカードを出すことが出来なくなるため臨機応変にカードを組み合わせつつ盤面を支配していきます。その上で非常に重要なカードは《ドラゴンの寵臣》。5ターン目にテンポプレイが出来ていた場合、そのコスト軽減効果が維持されているため、例えば《トワイライトの守護者》と《アジュア・ドレイク》のように大きなサイズのミニオンを1ターンのうちに同時にプレイすることが出来ます。

〆はもちろんワイルドの初代覇者である《謎めいた挑戦者》。シクレを貼れるのはもちろんですがそれ以上にデッキ圧縮が本当に強いです。

パラディンながらもzoolockのような動きができて楽しいデッキなので皆さんも是非(ワイルドで遊ぶ機会があれば)使ってみてください。

おわり。