【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(ニュートラル)

※注:スマホ版はデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

ニュートラ

f:id:shikinaji:20180404202358p:plain

Baku the Mooneater

主に強化ヒロパを有用に使えるのは【コントロールウォリアー】【コントロールプリースト】【新兵パラディン】の3種。

全部偶数カードが入るデッキ。

 

f:id:shikinaji:20180404202450p:plain

Azalina Soulthief

効果はもちろんだけどそもそも7/3/3が弱すぎる。

 

 

f:id:shikinaji:20180407172210p:plain

Countress Ashmore

☆☆☆

最大3枚のサーチ持ちにサイズもそこそこあって文句なし。

 

 

f:id:shikinaji:20180404202540p:plain

Genn Greymane

偶数デッキの弱点である奇数ターン毎に1マナ余ってしまうという弱点を補う効果を持つが、デッキ内容を歪ませてまで1マナヒロパを使いたいクラスがない。

 

f:id:shikinaji:20180404202618p:plain

Dollmaster Dorian

☆☆☆

Toastの紹介動画でも使われていたが、《エルフの吟遊楽人》との相性がバツグン。

微妙に除去し辛いヘルスなのもグッド。

 

f:id:shikinaji:20180407172102p:plain

Splitting Festeroot

8マナ使ってまで出すカードではない。

 

 

f:id:shikinaji:20180406110020p:plain

Worgen Abomination

☆☆☆

《バロンゲドン》と《魚のエサ》を足して2で割ったようなカード。

ほぼウォリアー専用カードとして見てよさそう。

f:id:shikinaji:20180407172457p:plain

Mossy Horror

《密言 恐》の擬人化。

アグロ対策としては遅すぎるぞエグゼクタス!

 

f:id:shikinaji:20180404202700p:plain

Muck Hunter

☆☆☆

簡単に1点を出せるクラスであればデメリット有りとはいえ5/5/8のRushは強力。

とりわけウォリアーは4ターン目に【ブラッドレイザー】を振っておくことで実質デメリットがなくなるためとても相性が良い。

f:id:shikinaji:20180411195415p:plain

Sandbinder

☆☆

テンポ重視になりやすいエレメンタルデッキでこのスタッツは採用し辛いが、《レイラインの操り手》や《太陽の砕片ライラ》を軸にしたコンボデッキならピンポイントサーチが可能なので採用の余地がある。

f:id:shikinaji:20180404202746p:plain

Witch's Cauldron

《カルトの教祖》のシャーマンスペル版。《カルトの教祖》は一応4/4/2で自分から動けるのに対して、《Witch's Cauldron》は3/0/4と動けないのに加えて、手札に加わるのが振れ幅の激しいシャーマンスペルとランダム要素が強くとても不安定に感じる。

f:id:shikinaji:20180404202829p:plain

Nightmare Amalgam

☆☆

《蜘蛛戦車》2号機。

蟹に弱い。

 

f:id:shikinaji:20180405210835p:plain

Voodoo Doll

☆☆☆

味方のミニオンをサクりやすいデッキでは実質確定除去として使えるカードとなる。特にヒロパで1点を出せるメイジや1点AOEが豊富なウォリアーで有効に使えそう。

問題はこのカードを入れる枠があるかどうか。

f:id:shikinaji:20180411195630p:plain

Baleful Banker

☆☆☆

《ハイ!なソウルキャスター》と全く同じ効果。最近のカードだと《ゴルゴン・ゾーラ》とも似た効果。

2マナの中立ミニオンなのでそれらのカードよりも小回りが利きやすく、例えば《ティリオン・フォードリング》や《Tess Greymane》などのミニオンを使いまわすことができる。

f:id:shikinaji:20180404202927p:plain

Gilnean Royal Guard

盤面の即時解決を得意とするRushなのにswapが付いてる無能。

 

 

f:id:shikinaji:20180411200404p:plain

Chief Inspector

【秘策メイジ】や【秘策ハンター】が流行るかによりけり。

 

 

f:id:shikinaji:20180404203021p:plain

Witchwood Grizzly

☆☆☆

デメリットがアグロ相手にはそこまで気にならないのでアグロストッパーとして強力。

《Witching Hour》で蘇生したい。

 

f:id:shikinaji:20180411200603p:plain

Mad Hatter

帽子の飛んでいく対象がランダムなので不安定な気がするけどアグロに入れたら強いような気もする。

わからん。

f:id:shikinaji:20180411200823p:plain

Lifedrinker

バ獣合成用ミニオン

 

 

f:id:shikinaji:20180411200912p:plain

Witchwood Piper

☆☆

コンボデッキのパーツ集めに使えそう。

個人的には《Chameleos》をサーチしたい。

 

f:id:shikinaji:20180404203120p:plain

Scaleworm

☆☆☆

ボード有利のゴリ押しが基本のドラゴンデッキと非常に相性の良いRush持ち。

《Militia Commander》とは違い、次のターン以降もアタック5なのも高評価。

f:id:shikinaji:20180411201044p:plain

Night Prowler

条件が厳しい。

 

 

f:id:shikinaji:20180404203156p:plain

Phantom Militia

これ入れる必要があるデッキなら《ストーンヒルの守護者》を入れたほうがいい。

 

f:id:shikinaji:20180411215957p:plain

Cauldron Elemental

☆☆☆

テンポ系のエレメンタルデッキの《血の渇き》として使える。

エレメンタルシナジーを維持しつつ常在効果でアタック+2は結構厄介だと思う。

 

f:id:shikinaji:20180411215716p:plain

Deranged Doctor

☆☆

《シルバーヴァンガード》から出てくると強い。

スタンダードでも【ビッグローグ】で遊べるかもしれない。

なおヤシャバーンズはスタン落ちの模様。

f:id:shikinaji:20180411215331p:plain

Wyrmguard

☆☆☆

ドラゴンさえキープできていれば《眠れるドラゴン》クラスの巨大な壁となる。

後続にドラゴンが控えているのが分かりながらこのカードに除去を撃つのは勇気がいるため非常に厄介。

f:id:shikinaji:20180411215145p:plain

Furious Ettin

スタッツ自体は強いので《ストーンヒルの守護者》で発見する機会自体は多そう。

デッキには入らない。

 

f:id:shikinaji:20180411215035p:plain

Darkmire Moonkin

重すぎる。

これ使うなら《マリゴス》使う。

 

f:id:shikinaji:20180404203335p:plain

Clockwork Automation

《屍山血河のグルダン》と相性がいい。でも入れる枠はない。

 

 

f:id:shikinaji:20180404203248p:plain

Rotten Applebaum

☆☆☆

及第点のスタッツ、挑発、ヒールが良い具合に揃った良カード。

《頽廃させしものン=ゾス》が入れ替わりにスタン落ちしてしまうのが非常に惜しい。

f:id:shikinaji:20180411214813p:plain

Felsoul Inquisitor

悪魔発見のハズレ枠。

 

 

f:id:shikinaji:20180404203423p:plain

Swift Messenger

盤面の即時解決を得意とするRushなのにswapが付いてる無能。

 

 

f:id:shikinaji:20180411214521p:plain

Unpowered Steambot

弱すぎる。

【OTKプリースト】にも入らない。

 

f:id:shikinaji:20180404203510p:plain

Ravencaller

☆☆

ランダムではあるが実質2ドロー枠として【クエストハンター】への採用が見込めそう。

 

f:id:shikinaji:20180411214333p:plain

Tanglefur Mystic

☆☆

《スペルスリンガー》を彷彿とさせる効果とスタッツ。

テンポデッキに採用される可能性がある。

 

f:id:shikinaji:20180404203633p:plain

Blackwald Pixie

《守備隊司令官》も使われなかったしこのカードも使われなさそう。

 

f:id:shikinaji:20180404203543p:plain

Pumpkin Peasant

バニラみたいなもん。

 

 

f:id:shikinaji:20180411213923p:plain

Marsh Drake

☆☆☆

Day9も言っていたが猛毒ミニオンを処理しやすいローグと相性がいい。

【テンポローグ】の時代?

 

f:id:shikinaji:20180411213722p:plain

Hench-Clan Thug

☆☆☆

ローグだったらほぼ確実に3/4/4となる。

さらに次のターンも武器を振れば3/5/5。

止まらねぇぞ💃

f:id:shikinaji:20180411213609p:plain

Walnut Sprite

シンプルに弱い。

 

 

f:id:shikinaji:20180411213313p:plain

Lost Spirit

サクりやすいが除去されやすい。

 

 

f:id:shikinaji:20180404203712p:plain

Spellshifter

対抗馬の《ブラッドメイジ・サルノス》が強すぎる。

 

 

f:id:shikinaji:20180411213131p:plain

Vicous Scalehide

バ獣合成用ミニオン

 

 

f:id:shikinaji:20180411212906p:plain

Swamp Dragon Egg

断末魔でボードにミニオンを残せる訳でもない上に自分から動けないのは弱い。

 

 

f:id:shikinaji:20180411212752p:plain

Swamp Leech

バ獣合成用ミニオン

 

 

おわり。

【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(シャーマン・ウォーロック・ウォリアー)

※注:スマホ版はデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

シャーマン

f:id:shikinaji:20180404181335p:plainf:id:shikinaji:20180404181351p:plain

Hagatha the Witch/Bewitch

☆☆☆

【エレメンタルシャーマン】や【トークンシャーマン】などミニオンをベースとしたデッキの終盤のカードバリューを引き上げることができる。

コントロールデッキでも雄叫びの3点AOEが役に立ちそう。強そう。

f:id:shikinaji:20180411131940p:plain

Shudderwock

☆☆☆☆☆

面白そうだから☆5つ。

普通に強いとも思ってる。

 

f:id:shikinaji:20180404181448p:plain

Bogshaper

サイズと種族は良い感じだがミニオンベースのデッキに採用すべきなのかスペルベースのデッキに採用すべきなのか中途半端な感じが否めない。

ただ、シャーマンでは数少ない手札を増やせるカードなのでコンボデッキには使えそうな気がしないでもない。

f:id:shikinaji:20180406105320p:plain

Totem Cruncher

横展開が得意なトーテムを縦の強さに変換する《ヴォイドテラー》に似たようなカード。

現在のシャーマンは横展開からの《告死隠者スロール》の2段階進化の動きが強力なので《原始の護符》を無理やり使うようなコンボデッキにしか採用されないと思う。

f:id:shikinaji:20180404181530p:plain

Murkspark Eel

2/2/3の2ダメージは強力なテンポカードだが、おそらく偶数カードのみでテンポデッキを組もうとするのは無謀。

ミッドレンジデッキのフィニッシャーになり得る《告死隠者スロール》と相性が悪いのも低評価。

f:id:shikinaji:20180411132022p:plain

Earthen Might

☆☆

1マナのエレメンタルに《ファイアフライ》や《グレイシャルシャード》といった優秀なカードが揃っているため、それらとこのカードを組み合わせることで序盤からボードを支配することができる。

多分テンポ型の【エレメンタルシャーマン】に採用されそう。

f:id:shikinaji:20180411132130p:plain

Blazing Invocation

雄叫びは範囲が大きすぎる。

 

 

f:id:shikinaji:20180411132214p:plain

Ghost Light Angler

☆☆☆

Echo持ちのマーロック。2マナと非常に軽い上に《氷上釣り》でサーチが可能なので【クエストシャーマン】以外に《Hagatha the Witch》を中心としたシャーマンデッキにも採用できそう。

 

f:id:shikinaji:20180404181616p:plain

Witch's Apprentice

シャーマンのスペルは上振れと下振れがやたらと激しいので同じ効果を持つ《おしゃべりな本》のように使うことは難しい。

獣じゃなくてトーテムだったらもう少し評価が高かった。

f:id:shikinaji:20180411132254p:plain

Zap!

☆☆☆

《死角からの一刺し》が強いならこれも強い。

 

 

ウォーロック

f:id:shikinaji:20180404181709p:plain

Lord Godfrey

☆☆☆

生きる《冒涜》。コントロール系のウォーロックなら無理にでもデッキに捻じ込みたい性能。

効果のエフェクトがめっちゃかっこいい。

 

f:id:shikinaji:20180404181747p:plain

Glinda Crowskin

6マナ支払った後のEchoが大きく役に立つ機会が少なさそう。

でもヘルス7はデコイとしては非常に優秀。

 

f:id:shikinaji:20180404181835p:plain

Deathweb Spider

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411133757p:plain

Ratcatcher

☆☆

Rush持ちの《ヴォイドテラー》。

ほぼ確実に1回は有利トレードを取りに行けるためミッドレンジ系のウォーロックのデッキへの採用が見込める。

f:id:shikinaji:20180404181912p:plain

Blood Witch

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411134002p:plain

Curse of Weakness

延命カード。

使いたいタイミングが思い浮かばない。

 

f:id:shikinaji:20180411134103p:plain

Dark Possession

☆☆☆

悪魔ミニオンは安定して強いものが多いため高評価。

軽い自傷ダメージが付いているので今回のパックで増えた自傷シナジーを後押ししてくれるのも好印象。

f:id:shikinaji:20180411134319p:plain

Fiendish Circle

《ブラッドフューリー・ポーション》と《クリスタルウィーバー》が入れ替わりでスタン落ちしたのが辛い。

 

f:id:shikinaji:20180404181951p:plain

Duskbat

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411134501p:plain

Witchwood Imp

《ブラッドフューリー・ポーション》と《クリスタルウィーバー》が入れ替わりでスタン落ちしたのが辛い。

 

ウォリアー

f:id:shikinaji:20180404182037p:plain

Blackhowl Gunspire

☆☆

《Warpath》と同時に使ってドドドドドドドドドってしたい。

《ドグザレガオ》とは違ってダメージを受けて破壊された場合にも効果が発動してくれるのが嬉しい。

f:id:shikinaji:20180404182125p:plain

Darius Crowley

☆☆☆

《ブギーモンスター》の反省が活かされたRush持ち。4マナミニオンに打ち取られるスタッツなので武器でフォローをしてあげたい。

放っておくことができない性能をしているのでデコイとしても優秀。【テンポウォリアー】が台頭してきたらとても厄介な存在になると思う。

f:id:shikinaji:20180404182213p:plain

Deadly Arsenal

《ドラゴンの憤怒》と似たようなデッキ構築の時点でおおよそのダメージ値が決まるAOE

採用するならば《コントロールウォリアー》になるが《コントロールウォリアー》にはどうしてもデッキに《ブラッドレイザー》が入ってきてしまうので安定性の低さに目が行ってしまう。

f:id:shikinaji:20180406105708p:plain

Town Crier

☆☆☆

サーチは強い。

スタッツも強い。

シンプルに強い。

f:id:shikinaji:20180407171810p:plain

Festeroot Hulk

ヒーローが殴るのもカウントしてほしかった。

それでも弱そう。

 

f:id:shikinaji:20180404182304p:plain

Militia Commander

Rush持ちで尚且つ4マナバニラスタッツを一方的に倒せるスタッツになるのは魅力的だが、次のターン以降アタック2になってしまうのが勿体ない。

 

f:id:shikinaji:20180404182344p:plain

Redband Wasp

《ブラッドレイザー》と相性がいい。

採用するとしたら【テンポウォリアー】?

 

f:id:shikinaji:20180411134740p:plain

Rabid Worgen

弱いような気がする。

 

 

f:id:shikinaji:20180404182524p:plain

Warpath

☆☆☆

《旋風剣》とは異なり《待ち伏せのガイスト》で焼かれないのが魅力的。

終盤にも実質5点AOEとしても使えるので【コントロールウォリアー】ではキーカードになりそう。

f:id:shikinaji:20180404182444p:plain

Woodcutter's Axe

☆☆☆

ナーフ前の《烈火の戦斧》には及ばないが強力な断末魔効果を持つので序盤のボード支配にかなり優れている気がする。

【テンポウォリアー】復権の引き金となるか?

おわり。

【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(パラディン・プリースト・ローグ)

※注:スマホ版はデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

パラディン

f:id:shikinaji:20180411025115p:plain

Prince Liam

ゲーム終盤に場に出すことで低バリューミニオンや1マナの秘策を高バリューミニオンに変えることができる可能性を持つ。

ただ、それらを採用するデッキは終盤までに《動員》や《神聖なる恩寵》などで1マナのカードを全て引きずり出すような気がする。

f:id:shikinaji:20180405172720p:plain

The Glass Knignt

性能はミッドレンジ寄りなのに聖なる盾を獲得する条件はコントロール寄りなチグハグカード。《ボルヴァー・ドラゴンフレイム》と相性がいいぞ!

遠目に見ると《光の王ラグナロス》に若干似てる。

f:id:shikinaji:20180404172910p:plain

Cathedra Gargoyle

☆☆☆

《動員》との相性こそ良くないが、雄叫び効果はかの有名な序盤最強カードの一角である《シールド・ミニロボ》を超えている。

ドラゴンの供給さえ安定すれば《ドラゴンパラディン》の環境入りもそう遠くはないだろう。

f:id:shikinaji:20180411025615p:plain

Hidden Wisdom

1ターンにカードを3枚以上切るデッキが増えれば滅茶苦茶強い。

 

 

f:id:shikinaji:20180405173112p:plain

Silver Sword

☆☆☆

基本がゴリ押しの【動員パラディン】のゴリ押し度を更に高めるカード。

時折見かける《ヴァインクリーヴァー》入りの【新兵パラディン】のような終盤まで見た《動員》デッキに採用が検討されそう。

f:id:shikinaji:20180405173411p:plain

Bellringer Sentry

デッキから秘策を準備できること自体が強力なのは《マッドサイエンティスト》や《謎めいた挑戦者》で証明済みだが、パラディンの秘策はピンポイント起用で輝く秘策が多いのでランダムだと少し物足りない感じがする。

《仇討ち》のようないつ発動しても強い秘策が来たら話は別。

f:id:shikinaji:20180411030140p:plain

Paragon of Light

☆☆☆

《ダイアウルフリーダー》の横に置くだけで動ける《タールクリーパー》になるのは絶対面倒くさい。

使われる側としてはヘルス5に困らされることが多そう。

 

f:id:shikinaji:20180411025803p:plain

Ghostly Charger

《アージェントの騎兵》や《アージェントの司令官》と似た使い方が考えられるが重いのが気になる。

 

 

f:id:shikinaji:20180404173317p:plain

Rebuke

☆☆☆

スペル版の《ロウゼブ》。ミニオンであるため腐ることがなかった《ロウゼブ》に対してこちらは空撃ちになって2マナのテンポロスを引き起こす可能性もある。

それでも撃たれたら嫌なのでこの評価。

f:id:shikinaji:20180404173840p:plain

Sound the Bells!

☆☆

ドローが《神聖なる恩寵》頼みになることが多かった【クエスパラディン】には嬉しい一枚。

 

 

プリースト

f:id:shikinaji:20180404174855p:plain

Lady in White

☆☆

可能性の塊。今後の新規カードでさらに化ける可能性もある。

今回のパックだとヘルスの高いswap勢と相性が良い。

 

f:id:shikinaji:20180404174852p:plainChameleos

☆☆☆

毎ターン相手の手札をピーピングできるのはこちらにとって大きなアドバンテージとなるのでなるべく手札に温存しておきたい。

また、変身するカードは(基本的に)構築クラスのカードになるため《変身者ゼラス》のような不安定さがないのも高評価。

f:id:shikinaji:20180404174849p:plainGlitter Moth

ヘルスを2倍にする効果は多くのプリーストのカードと強いシナジーを形成するが、効果の発動条件を加味すると《影の幻視》や《影刈アンドウィン》を採用し辛いという点が大きく足を引っ張る。

 

f:id:shikinaji:20180404174839p:plainVivid Nightmare

☆☆

《蜃気楼の呼び手》を《影の幻視》でサーチができるようになったと考えるとコンボデッキでの採用が見えてくる。

《太陽の砕片ライラ》と《光熱のエレメンタル》でグルグルしてるときにこのカードが出てきてくれたら笑顔になれる。

f:id:shikinaji:20180411031929p:plain

Nightscale Matriarch

☆☆☆

放置できない効果を持ちながら自身のスタッツも絶妙に除去し辛いラインを保っているので相手にしたら非常に厄介。

プリーストのカードだが同時にプリーストの天敵にもなり得る。

f:id:shikinaji:20180404174931p:plainCoffin Crasher

☆☆

《トワイライトの呼び声》や《黒曜石の像》、《ケーアン・ブラッドフーフ》などを採用したバリュー意識の【クエストプリースト】での採用が望める。

絵面がすごい。

f:id:shikinaji:20180404174927p:plainHoly Water

☆☆☆

プリースト待望(?)の中型単体ダメージスペル。出来れば《アジュアドレイク》が現役の頃に欲しかったカード。

【コントロールプリースト】に採用して相手のカードを盗みたい。

f:id:shikinaji:20180411031324p:plain

Quartz Elemental

☆☆☆

1点与えられて放置を毎ターン繰り返されたら悲しい気持ちになる。

【OTKプリースト】との相性が良さそう。特に《イかれた錬金術師》や《ヴォイド・リッパー》は仕様の関係上相性抜群。

f:id:shikinaji:20180411030846p:plain

Divine Hymn

《回復の輪》と《瞬間回復》を組み合わせたようなカード。または《連結回復》の強化版。

どっちつかずな感じが否めない。

f:id:shikinaji:20180411030711p:plain

Squashling

このカードのEchoの利点がよくわからない。

でも多分弱いよ。

 

ローグ

f:id:shikinaji:20180407171507p:plain

Tess Greymane

☆☆☆☆☆

面白いから☆5。

 

 

f:id:shikinaji:20180404175441p:plain

Face Collector

☆☆

Echoとローグの得意とするセルフバウンスやカードコピーで大量のバリューを得ることが出来そうなカード。ただし、手札に加わるのはランダムなミニオンなので不安定さも目立つ。でも楽しいと思う。

f:id:shikinaji:20180404175534p:plain

WANTED!

☆☆☆☆

ローグにコインを渡すとロクなことにならない。

 

 

f:id:shikinaji:20180404175611p:plain

Spectral Cutlass

☆☆

手札に存在するときにカウントが始まるのか、装備してからカウントが始まるのか、デッキ内でもカウントが始まっているのかによりけり。

武器破壊に弱いのが致命的だが生命奪取持ちで耐久を伸ばせる武器なので第二の《大逆の刃キングスベイン》となるか?

f:id:shikinaji:20180404175657p:plain

Cursed Castaway

☆☆☆

デッキ内のコンボカードの種類を絞ることによってピンポイントサーチができる。加えてRush持ち。優秀。

特に《エルフの吟遊楽人》とは互いにサーチし合えるので相性抜群。多分。

f:id:shikinaji:20180405182449p:plain

Mistwraith

《自由なるエレメンタル》が構築戦で使われないってことはつまりはそういうことなんだと思う。

ローグの代表的なカードである《エドウィン・ヴァンクリーフ》と【ミラクルローグ】では定番の《クエスト中の冒険者》がライバルとしては強敵過ぎる。

f:id:shikinaji:20180405183032p:plain

Pick Pocket

☆☆

《強盗》がスタン落ちして以来、完全に死に体だった【パクローグ】の泣きの一枚。

手札に加わるカードはランダムだが、コンボの起点にできたりドロー枚数を調整できる点は非常に評価が高い。

f:id:shikinaji:20180411032448p:plain

Cutthroat Buccaneer

☆☆

サイズの小さくなった《ナーガの海賊》。

コンボをしないと武器をバフできないのが結構辛そう。

 

f:id:shikinaji:20180407171143p:plain

Blink Fox

☆☆

弱めのテンポカード。

《怪盗紳士》と違ってコンボの起点にし辛い点が大きなマイナスポイントだが、【パクローグ】では採用されそう。

f:id:shikinaji:20180404175730p:plain

Cheap Shot

ローグのスペルでEcho持ちという点では強力だが、如何せん効果がマナコストに見合ってないように思える。

ただ、3ダメージだと強いだろうしカードの調整って難しいんだろうなぁ。

おわり。

【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(ドルイド・ハンター・メイジ)

※注:スマホ版は記事のデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

ドルイド

f:id:shikinaji:20180405171441p:plain

Solintergraft

突撃ミニオンをこのカードでコピーできたら強い。ただ、このカード自体が重いのでクエストや《世界樹の小枝》のサポートが必要になりそう。

 

f:id:shikinaji:20180404001119p:plain

Duskfallen Aviana

☆☆

各プレイヤーが1枚目に使用するカードのコストが0という非常に強力な効果を持つが、相手のほうが先にその恩恵を受けることができるので危険度は低そう。

でも何かやらかしそう。

f:id:shikinaji:20180404001931p:plain

Gloom Stag

《魔蝕の病霜マルフュリオン》と相性が良い反面、《究極の侵蝕》や《野生の繁茂》、《自然の怒り》といったドルイドを代表するカードと相性が悪いのが低評価の要因。

もっと奇数シナジーが推されたら強カードになると思う。

f:id:shikinaji:20180404003450p:plain

Wispering Woods

ドルイドトークン生成系のスペルはどうしても対抗馬である《動き回るマナ》が強すぎて評価が下がりがち。そもそもアグロ系のドルイドで使われる(であろう)カードなのに自分の手札の枚数を参照するのはちょっとナンセンス。

f:id:shikinaji:20180410211248p:plain

Bewitched Guardian

☆☆☆

現在のドルイドには手札を増やすカードが多く存在しており、それらのデッキは大抵遅めのゲームスピードで動くので壁として重要な役割を担える。

 

f:id:shikinaji:20180404005157p:plain

Forest Guide

☆☆

疑似《ジーヴス》。手札の減りやすい【アグドル】とはすこぶる相性が良いカード。

ただ《ヤシャラージュの烙印》と《蓮華紋》が落ちてしまうワタリガラス年で【アグドル】が組めるのかという問題を抱えている。

f:id:shikinaji:20180404005226p:plain

Witching Hour

☆☆

デッキ内の獣を《Witchwood Grizzly》や《ハドロノックス》などバリューの高いミニオンに絞ったデッキが流行りそう。

【復活プリースト】のようにデッキ構築の時点で蘇生対象を絞れるのは強い。

f:id:shikinaji:20180410211150p:plain

Druid of the Scythe

《爪のドルイド》の小型版のような印象を受ける。

《爪のドルイド》と同じく状況に合わせて臨機応変に動ける点は強力だが、小型なことが大きな欠点になりそう。

強いっちゃ強い。

f:id:shikinaji:20180410211336p:plain

Ferocious Howl

現在のスタンのドルイドはドローも装甲強化も満ち足りているような気がする。

キャントリップカードとしてコンボデッキに採用される可能性はある。

f:id:shikinaji:20180404005240p:plain

Witchwood Apple

【アグロドルイド】の中盤以降の展開の補助として使うことができるが、別にその枠が《動き回るマナ》でも何ら問題はない。

コンボ前提だけど《Wispering Woods》と組み合わせるとちょっと強そう。

ハンター

f:id:shikinaji:20180404162616p:plain

Emeriss

☆☆

パッと見だとドラゴンシナジー持ちの《Scalewarm》と凄く相性がよさそう。

とんでもない効果を持つがハンターが手札を維持しつつ10ターン目まで闘うのは難しいような気がする。

f:id:shikinaji:20180404163312p:plain

Houndmaster Shaw

☆☆☆☆

低すぎないアタックに高めのヘルスと絶対に無視できない効果を持つので相手にしたらとても厄介なカードになると思う。

少し前の《ファンドラル・スタッグヘルム》のようにデコイとしても役に立つのでとりあえず入れとけ枠になりそう。

f:id:shikinaji:20180404163731p:plain

Toxmonger

【クエストハンター】ですら使われるか怪しくない?

 

 

f:id:shikinaji:20180404163922p:plain

Rat Trap

1ターンに3枚以上のカードを切るデッキはそこまで多くないからこのカードを採用するデッキも少なさそう。

相性がいいのは《護宝のドラゴン》かな?

f:id:shikinaji:20180410213803p:plain

Carrion Drake

マイエクスナ。

 

 

f:id:shikinaji:20180404164358p:plain

Wing Blast

☆☆☆☆

最強カード。《殺しの命令》の代わりに挑発ミニオンを撃ち抜くことができる。しかも1マナで。

やばい(語彙力低下)。

f:id:shikinaji:20180404164840p:plain

Duskhaven Hunter

☆☆☆

初手でキープ、もしくは2ターン目にドローできれば3ターン目に3/5/2隠れ身として使えるためswap勢の中ではかなり使いやすいカード。

トップで引いたときに弱いのが玉に瑕。

swapのタイミングを間違えて把握していました。弱いです。

f:id:shikinaji:20180410213651p:plain

Vilebrood Skitterer

バ獣合成で発見出来たら強いかもしれない。

 

 

f:id:shikinaji:20180404165211p:plain

Dire Frenzy

☆☆

バフ自体は《猟犬使い》に劣るのでどちらかと言えば獣限定の《集合の合図》としてファンデッキで使うのがメインになりそう。

何をコピーするのかわからないけど。

f:id:shikinaji:20180404165630p:plain

Hunting Mastiff

ボードクリア専用の《猟犬を放て!》。相手のミニオンの数に依存しない点で《猟犬を放て!》に勝るが、突撃ではなくRushなのが大きく足を引っ張ると思う。

 

メイジ

f:id:shikinaji:20180405172304p:plain

Toki, Time-Tinker

色々と物議を催しそうなカード。

上振れだけ見ると強いカードはいくらでもあるが、下振れを見ると流石に不安定さが目立って採用には至らなそう。

 

f:id:shikinaji:20180407170444p:plain

Archmage Arugal

☆☆

同弾の《Book of Specters》との相性がよろし。

ミニオンベースのメイジデッキとシナジーのあるカードが多いけど今回のメイジはそれがコンセプトの1つなのかな?

 

f:id:shikinaji:20180410215000p:plain

Arcane Keysmith

☆☆☆

状況に応じた秘策を発見して準備をするのが強力なのは《水文学者》の活躍を見るとわかるだろう。

特にメイジの秘策は攻防バランスよく揃っているため、より柔軟な動きが可能となる。

f:id:shikinaji:20180407170658p:plain

Book of Specters

☆☆

ミニオンベースのメイジデッキの中でも代表的な《エレメンタルメイジ》ならうまく使いこなすことが出来そう。

でも《始原の秘紋》や《動物変身》といった優秀なカードを抜いてまでこのカードを入れるかといったら微妙なところ。

f:id:shikinaji:20180410215409p:plain

Bonfire Elemental

前提条件として前のターンにエレメンタルをプレイしている必要がある上、サイズも5マナと中々大きいので非常に小回りが利きづらい。

多分使いにくい。

f:id:shikinaji:20180410215734p:plain

Curio Collector

速攻で除去されそう。

 

 

f:id:shikinaji:20180410220003p:plain

Cinderstorm

《始原の秘紋》のハズレ枠。

 

 

f:id:shikinaji:20180404170004p:plain

Vex Crow

《始原の秘紋》から0マナスペルを発見することでボードを大きく横に広げられるがそれ以外は微妙。

デコイとしても心もとないヘルス3なのも低評価の一因。

f:id:shikinaji:20180404170536p:plain

Black Cat

使えるデッキがない。

 

 

f:id:shikinaji:20180410220119p:plain

Snap Freeze

《粉砕》のどうしようもない部分が改良された良カード。

採用はしないけど。

 

おわり。

【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想

こんにちは、あです。

新年が明けてから早くも3ヶ月が経ちましたね。私は特に何を成し遂げる訳でも努力をする訳でもなく安穏とした日々を過ごしてしまいましたが、皆さんは実りある2018年を過ごせていますか?

さて、今回からは4記事に分けて今月リリース予定のハースストーンの新拡張パック「妖の森ウィッチウッド」の事前カード評価予想を投稿していきます。

www.youtube.com

各記事にも評価の基準は貼りますが、ここにも貼っておきます。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

と、このように☆~☆☆☆☆+★と5種類に分けて評価していきます。

まぁ要するに前回の評価記事の焼き直しですね。

では、早速やっていきまーしょう☆(ミライアカリ)

おわり。