料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【デュエマ】赤青マッドネス

こんにちは、あです。

今日紹介するデッキは【赤青マッドネス】です。受けを強くしたデッキでありながら、ウィニーで手札交換をして《プラチナ・ワルスラ》を引き込むことでビートダウンも出来るようにしたため非常に使い勝手の良いデッキが作れたと思います。

【赤青マッドネス】

1×エメラル

1×勇愛の天秤

4×異端流し オニカマス

4×チェレン

4×熱湯グレンニャー

4×サイバー・チューン

1×光牙忍ハヤブサマル

4×アクア・スーパーエメラル

4×プラチナ・ワルスラS

4×スーパー・サイチェン・ピッピー

3×崇高なる智略 オクトー

2×ドドンガ轟キャノン

4×斬隠蒼頭龍バイケン

超次元ゾーン

1×サコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン

1×アクア・カスケード〈ZABUUUN・クルーザー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

1×勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1×シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン

1×光器セイント・アヴェ・マリア/豪遊!セイント・シャン・メリー

1×ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

2×ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン

f:id:shikinaji:20160920163802j:plainf:id:shikinaji:20160921024912j:plainf:id:shikinaji:20170430205759j:plain

このデッキのプランは大きく分けて2つあります。1つは高速~中速ビートダウンに対してのガン受けプラン、もう1つは足の遅いデッキに対してのビートプランです。

まずはガン受けプランについて。

こちらはS・トリガーが多く含まれているこのデッキが得意なプランです。相手のクリーチャーのシールドブレイクを起点にして攻めに転じます。主に攻め手となるクリーチャーはマッドネス効果を持つ《斬隠蒼頭龍バイケン》と《スーパー・サイチェン・ピッピー》、そして相手の足を止めることができる《崇高なる智略 オクトーパ》の3枚。どのカードも(実質)S・トリガー持ち、尚且つそのうち2枚は相手の妨害も出来るカードなため非常にバリューが高いです。ビート相手には《エメラル》や《チェレンコ》などでS・トリガーを仕込みつつ《斬隠蒼頭龍バイケン》と《スーパー・サイチェン・ピッピー》をシールドから掘り起こして手札に抱えておくプレイが重要となります。

超次元ゾーンは見ての通り、《ガイアール・カイザー》の隠された能力であるシールドを置換で墓地に送ってハンターを出す能力も使えるような構成になっています。ただ、ルール変更により複数枚ブレイクされるシールドが同時に手札に加えられるようになったため、そんなことをしてる余裕はなくなりました。

f:id:shikinaji:20170430205822j:plainf:id:shikinaji:20170430205829j:plainf:id:shikinaji:20170429230245j:plain

もう1つのビートプランについて。

こちらはこのデッキが本来ターゲットにしないデッキに対する予備のプランのため、ビートプランでありながら他のデッキに比べるとプッシュ力が低いです。ただ、無いよりはマシです。

攻めの中心となるのは《プラチナ・ワルスラ》。コントロールやコンボデッキなど殴ってこない相手に無力なマッドネスカードを捨てつつウィニーや2体目以降の《プラチナ・ワルスラ》を集めます。


攻めと受けを両立したデッキですが今のカードプールから見るとデッキパワー自体が貧弱であるため活躍は難しいと思います。ただ、地雷デッキとしてならば爪痕を残すことができるかもしれませんね。

おわり。

雑記

最近グラブルにご執心でハースストーン以外のカードゲームに全然触れていません。なので環境やデッキのアーキタイプについての知識が遅れを取っているため、今回のウォーブレ生放送の新カードについての記事は上げないことにします。適当なこと書いても仕方ないですからね。

というわけでGWで遅れを取り戻したいと思っています。DTCGばかりやるとなると引きこもりのような生活にはなりますが、GWは行楽施設も混み合ってるので家にいるのは理に適っています。まぁ混雑が嫌いなだけなんですけどね。

リハビリが終わったら年度末に上げた記事もボチボチ更新出来ればいいなと思っています。ダラけ癖が付いてきたので無理のない限りは頑張ります。

でも半額期間が始まったらまたグラブルばっかやってると思います。おのれサイゲームス。

おわり。

広告を非表示にする

【Hearthstone】ンゾスハンター(wild)

前回上げたハンターデッキの焼き直しです。

shikinaji.hatenablog.com

前回の記事で紹介した【ンゾスハンター】は手札が減りやすくスタミナの消費が激しいため、コンセプトである《頽廃させし者ン=ゾス》を使わずとも勝敗が決してしまうという欠点がありました。それを改善するために《アジュア・ドレイク》や《キュレーター》を採用することで無理やり遅めの形にしたのがこのデッキです。

前回の【ンゾスハンター】よりも余裕のある動きができるようになっていると思います。

【ンゾスハンター】

f:id:shikinaji:20170426020848p:plain

回し方

マナコスト順にカードを切って戦います。勝負の決め手になるのはマリガンなので毎日祈りを捧げましょう。

調整の余地があるとすれば《飢えたカニ》や《ゴラッカ・クロウラー》などのピンポイントメタの獣、または《猟犬を放て!》や《王のエレク》などの単純にカードパワーの高いカードの採用です。環境に合わせて変えていくといいと思います。

おわり。

【Hearthstone】クエストウォリアー(wild)

今回紹介するデッキはワイルド用の【クエストウォリアー】です。ワイルドきってのアグロストッパーである《デスロード》と《ヘドロゲッパー》、さらにその2枚と相性の良い《頽廃させしものン=ゾス》を採用することにより、スタンダードの【クエストウォリアー】よりも防御力が格段に上がっています。

Hearthpwnのリストだと少し見辛いと感じたので今回はカードのサムネイルも表示されるDEKKIのリストを使用しました。

【クエストウォリアー】

f:id:shikinaji:20170421212336p:plain

回し方

盤面の取り方はスタンダードの【クエストウォリアー】と変わりません。クエストのリターンが大きいので【海賊ウォリアー】や【フェイスハンター】などのとにかく顔面を殴って来る相手以外には初手のクエストをキープして《サルファラス》の獲得を狙っていきます。

ワイルド環境下で脅威になり得る【ンゾスシャーマン】や【レノロック】などのコントロール気質のデッキや【フリーズメイジ】や【マリゴスシャーマン】などのコンボデッキに対しては《ドブネズミ》と《デスロード》のデメリットを上手く使って相手の切り札を盤面に引き摺り出して《止めの一撃》や《乱闘》で仕留めます。仕留められなければ受けに特化しているぶん妨害策が薄いデッキなので苦戦を強いられるでしょう。

不利な相手は【翡翠ドルイド】や【エコーメイジ】。《乱闘》を上手く当てることが出来なければ勝てません。噂によれば《溶岩の巨人》がナーフ前の状態になって帰って来るらしいのですがそうなると結構厳しそうですね。

おわり。

【Hearthstone】ミッドレンジンゾスハンター(wild)

生きてます、あです。

一昨々日はミサイルのことが気が気でなくてその旨の記事を投稿したくせに、ミサイルが飛んで来ると言われていた当日はミサイルのことを完全に忘れて昼から夜までDMGP4rdを見つつぶっ通しでグラブルをやってました。人の興味なんてそんなもんです。寝て起きたら忘れてます。

閑話休題

今日、紹介するデッキはミッドレンジンゾスハンター(wild)です。ワイルドのハンターは《グレイブズーカ》の存在から海賊との相性が良く、ミッドレンジよりもアグロ寄りの方が主流ですが、ンゾスを使いたいというだけの理由でこのデッキを作りました。

【ンゾスハンター】

f:id:shikinaji:20170418200120p:plain

http://www.hearthpwn.com/decks/812565-nzoth-hunter

回し方

基本的には盤面を意識して有利トレードを繰り返します。強力な断末魔を持つミニオンを多数採用しているため、盤面を丸ごと返されるということはそんなにないと思います。

しかし、ヒロパで盤面に触れないこと、AOEを持っていないことから一度盤面を取られてしまうと取り返すのが難しいのには注意しましょう。おそらく武器と凍結の罠頼りになってしまいます。

作成コンセプトこそンゾスではありますが実際はンゾスを出さずとも勝てる(または完膚なきまでに叩きのめされる)ことの方が多いです。ンゾスを使うならコントロールに寄せることのできるプリーストやパラディンの方がいいかもしれませんね。

おわり。

■追記:ブラッシュアップしたリストを上げました。

shikinaji.hatenablog.com