読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン

夜中にデッキの調整するのは良くないですね。明るさも変わらない上、空腹にもならないので気付いたら平気で2時間、3時間経ってしまいます。寝不足になると車酔いを起こす身なのでこれを書いている次の日の車の移動を考えるとメゲます。メゲたらあかん。

閑話休題。新弾に新たな儀式モンスターである《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》が収録されました。オッドアイズの名を冠するのでレベル7だと予想したら都合良くレベル7だったので前々から作りたかったレベル7儀式モンスターを軸にしたデッキを組みました。

かなりの噛み合いの良さを見せるデッキなのでコンボデッキ好きの人は結構好きだと思います。

f:id:shikinaji:20160813105022p:plain

オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン】

モンスター 17

2×ブンボーグ001

3×増殖するG

3×ブンボーグ003

3×マンジュ・ゴッド

オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン

3×真紅眼の黒竜

魔法 14

1×ハーピィの羽根箒

1×死者蘇生

1×ソウル・チャージ

1×貪欲な壺

1×儀式の準備

大地讃頌

2×月の書

高等儀式術

3×銀龍の轟咆

罠 9

2×ブレイクスルー・スキル

2×激流葬

2×強制脱出装置

リビングデッドの呼び声

エクストラ 15

1×古神 ハストール

3×虹光の宣告者

1×月華竜ブラック・ローズ

1×ブラック・ローズ・ドラゴン

1×No.39 希望皇ホープ

1×SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

1×励輝士 ヴェルズビュート

1×鳥銃士カステル

1×No.74 マジカル・クラウン―ミッシング・ソード

2×幻獣機ドラゴサック

2×No.11 ビッグ・アイ

 

デッキ内のモンスターの枚数を絞る代わりに魔法カードを沢山入れてカードの再利用を重視しました。例によって儀式デッキは解説要らずのカードが沢山あるので解説を書きたいカードだけピックアップしていきます。

 

f:id:shikinaji:20160813104107p:plainf:id:shikinaji:20160813104119p:plain

《ブンボーグ001》《ブンボーグ003》

前準備なしで《虹光の宣告者》に繋げられるブンボーグ2体です。《幻獣機ドラゴサック》によって特殊召喚されるトークンとトークンを特殊召喚した時に墓地から自身の効果で蘇生される《ブンボーグ001》で《虹光の宣告者》をシンクロ召喚ができるためこれ以上《ブンボーグ001》を特殊召喚する手段はいらないと判断して《ブンボーグ004》の採用は見送りました。

 

f:id:shikinaji:20160813105022p:plain

オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》

特殊召喚成功時にチェーンできない相手限定の《ハリケーン》を撃てる儀式モンスター。効果の汎用性が高くどんな状況でも積極的に場に出していけるモンスターでありこのデッキの露払い役になります。レベル7であるためエクシーズ先にも恵まれており、特に《幻獣機ドラゴサック》と《No.11ビッグ・アイ》と《No.74 マジカル・クラウン―ミッシング・ソード》は《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》のハリケーン効果でそれぞれの弱点である特殊召喚成功時に誘発する罠を撃たせないため非常に強いシナジーを形成します。②のバーン効果も強力で終盤の消耗戦では500ライフ払うのはコストとなるため相手を半ロックすることが可能です。

 

f:id:shikinaji:20160813105155p:plain

《真紅眼の黒竜》

各種蘇生カードに対応する《高等儀式術》のリリース要員。《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》と自身でランク7エクシーズを出して相手の場を荒らします。手札に握ってしまったときは《大地讃頌》でリリースしましょう。

 

f:id:shikinaji:20160813104748p:plain

《貪欲な壺》

デッキ内のリソース回復をしつつハンドアドバンテージを得ます。このデッキではリソース回復ではなく蘇生カードの引き込みを重点的に狙っていきます。蘇生制限を満たした《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》と《ブンボーグ001》はそれぞれ墓地に1枚ずつ置いてある方が動きに幅が出るのでそれらを戻してまで発動する必要はありません。

 

f:id:shikinaji:20160813105304p:plain

《銀龍の轟砲》

高等儀式術》でリリースした《真紅眼の黒竜》を蘇生してエクシーズ召喚の補助をします。必要に応じたエクシーズ召喚をすることであらゆる耐性持ちモンスターを処理をすることができます。

 

f:id:shikinaji:20160813105406p:plain

大地讃頌

手札に握ってしまった《真紅眼の黒竜》をリリースするために1枚のみ採用しました。また、デッキ内のリソースが尽きた際にフィールド上のモンスターをリリースすることでも《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》を儀式召喚できます。

 

f:id:shikinaji:20160813105454p:plain

リビングデッドの呼び声

蘇生制限を満たした《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》を蘇生することでフリーチェーンで《ハリケーン》を発動させます。次の自分のターンの妨害札を減らせるため相手のエンドフェイズに蘇生すると強力です。

 

今まで存在していたレベル7儀式モンスターに比べて罠カードに強いためコンボが成功する確率が高く、使っていて楽しいデッキになりました。《虚無空間》で止まるのはご愛嬌。