シャドウバース・スタン環境主要デッキ

環境トップでよく見かけるデッキ群を並べました。本当はCOJSで作ろうとしていたのですが【緑アグロ】と【ミリア珍獣】の主要カードの修正でボツとなったためシャドウバースです。

 

【冥府エルフ】

f:id:shikinaji:20160726223617p:plainf:id:shikinaji:20160726223634p:plainf:id:shikinaji:20160726223629p:plain

最高峰のドローソースアミュレットである《収穫祭》を使い手札を確保しつつ持久戦に持ち込み最後に《冥府への道》で相手を盤面共々ボロボロにするデッキ。コンボデッキでありながらエルフのトークン生成能力と上述の《収穫祭》のおかげで高い安定性と速攻性を誇る。また、《冥府への道》を狙わずに《リノセウス》による高打点バーストも狙えるため非常に対応力の高いデッキである。

 

【アグロロイヤル】

f:id:shikinaji:20160726225031p:plainf:id:shikinaji:20160726225131p:plainf:id:shikinaji:20160726225136p:plain

低PPのカードでデッキが構成された非常に前のめりなデッキ。ミッドレンジ系統のデッキには若干の不利がつくが足が遅いデッキには滅法強い。その圧倒的な攻撃力は「どんなデッキ相手でも先攻をとれば5割は勝てる」と言われるほど。デッキのほとんどが低レアリティカードで構成されているため初心者でも気軽に組める。

 

【ミッドレンジロイヤル】

f:id:shikinaji:20160726225626p:plainf:id:shikinaji:20160726225646p:plainf:id:shikinaji:20160726225638p:plain

ビートダウンデッキでありながら全体除去にもある程度耐性のある非常に強力なデッキ。現環境最強と謳うプレイヤーも少なくない。何と言っても《フローラルフェンサー》と《海底都市王・乙姫》の1枚からの横展開が強烈。特に《海底都市王・乙姫》は盤面を完全に埋めることができるため盤面を取り返すのに大きな働きをしてくれる。対戦相手としては最低でも全体除去カードを2枚以上握っていないと一息つくことさえ許されない。

 

【超越ウィッチ】

f:id:shikinaji:20160726230744p:plainf:id:shikinaji:20160726230754p:plainf:id:shikinaji:20160726230800p:plain

無条件でエクストラターンを得られるが非常に消費PPが大きい《次元の超越》を軸にしたコンボデッキ。フィニッシャーは《ペンギンウィザード》、《ルーンブレードサモナー》、《フレイムデストロイヤー》など1体で高打点を出せるカードが採用される(採用せずにウィニーで削りきるデッキもある)。決まったら確定で勝ちとなる強力なコンボではあるがコンボの準備に時間が必要なため決められるのが終盤以降となるのがネック。

 

【ランプドラゴン】

f:id:shikinaji:20160726232159p:plainf:id:shikinaji:20160726232208p:plainf:id:shikinaji:20160726232211p:plain

序盤にPPを加速させて相手より早く大型のフォロワーを場に並べて盤面を制圧するデッキ。ランプの由来はMTGのデッキタイプから。《海剣竜》や《ダークドラグーン・フォルテ》、《ジェネシスドラゴン》など優秀な大型疾走持ちフォロワーが多いためPPさえ加速できれば相手に圧を掛けて盤面クリアを押し付けることが可能。

 

【アグロドラゴン】

f:id:shikinaji:20160728153059p:plainf:id:shikinaji:20160728153109p:plainf:id:shikinaji:20160728153115p:plain

「このフォロワーは攻撃されない。」という効果を持つフォロワーを主軸に据えて相手の顔面を殴り続けるデッキ。フォロワー同士の戦闘で除去をされ辛いため、守護を積んでいないデッキや除去が薄いデッキに強い。また、5PP以上のフォロワーを《ダークドラグーン・フォルテ》や《海剣竜》など疾走持ちフォロワーに絞っているため《竜の伝令》をより効果的に使うことができ、更地からでもかなりのバーストダメージが見込める。

 

【アグロネクロ】 

f:id:shikinaji:20160727000708p:plainf:id:shikinaji:20160727000716p:plainf:id:shikinaji:20160727000721p:plain

序盤の盤面取りが生命線のアグロでありながら空の盤面から凄まじいバーストダメージを出すことのできるデッキ。《ファントムハウル》と《ケルベロス》の存在により盤面に何もなくても10ダメージ越えのバーストダメージを出すことも珍しくないため他のアグロデッキよりも自他共にHPを重視して動く必要がある。また、相手の守護を無視して直接ダメージを与える《ラビットネクロマンサー》、《カースドソルジャー》も非常に使いやすく効果を防ぎにくいため強力。

 

【ミッドレンジネクロ】

f:id:shikinaji:20160728153343p:plainf:id:shikinaji:20160727001019p:plainf:id:shikinaji:20160727001025p:plain

上記の【アグロネクロ】の低PPのフォロワーの枚数を減らして強力な破壊耐性を持つ《デュエリスト・モルディガイ》を採用したデッキ。デッキ速度がアグロほど早くないため《ゴブリンマウントデーモン》を採用する型もある。一部のリーダーは《デュエリスト・モルディガイ》を処理することができないため8PPまで均衡状態を保っていれば圧倒的優位に立てるが、逆に容易に処理をすることができるリーダーを相手にするのは厳しいものがある。

 

【ヴァンパイアコントロール

f:id:shikinaji:20160727002027p:plainf:id:shikinaji:20160727002034p:plainf:id:shikinaji:20160727002041p:plain

《黙示録》の存在によりアグロへの高いカウンター性能を持ったデッキ。《漆黒の契約》などのスーサイドカードで自分のHPを削り復讐状態にしたら《セクシーヴァンパイア》や《アルカード》などの盤面アドバンテージを取りながらライフゲインができるカードを繰り返し使って相手を疲弊させていく。ライフゲインカードが数多く搭載されているためHPは実質30を越えることも少なくない。他のデッキと比べるとHPが減った状態で真価を発揮するカードが多いためブン回ったアグロへの耐性はコントロールデッキながらそこそこ高い。

 

【アグロヴァンパイア】

f:id:shikinaji:20160727002239p:plainf:id:shikinaji:20160727002249p:plainf:id:shikinaji:20160727002306p:plain

自傷をデメリットする代わりに高い能力を持つフォロワーをかき集めた超前のめりなデッキ。他のアグロデッキと比べるとカード間のシナジーが少ないため事故が起こり辛い。ただし自分のHPに気を遣って動かないと相手が何だろうと自傷で減ったHPを削りきられる。

 

【陽光サタンビショップ】

f:id:shikinaji:20160727002719p:plainf:id:shikinaji:20160727002728p:plainf:id:shikinaji:20160727002736p:plain

守護と除去カードでひたすら遅延をして《サタン》を引くのを待つデッキ。強力な除去カードが豊富なためビートダウン系のデッキには強く出ることができるが、《サタン》を引くのをただ待つデッキであるためこちらより早くコンボでダメージを一気に稼いでくるデッキは苦手。《守護の陽光》により守護が付与された《シュラインナイトメイデン》や《ムーンアルミラージ》はハマれば《サタン》に頼らずともゲームエンドまで持ち込める性能を持つ。

 

 

実際のところ見かけるデッキは他にもあるのですがメジャーどころはこのあたりだと思います。また他のデッキが上がってきてやる気が残ってたら追記します。

現環境はそれぞれのデッキが喰って喰われてしている良環境なのでこのバランスを保ったままアップデートしてくれれば良いなと思っています。