料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

メカオーリペア

知る人ぞ知る幻のメカオーデッキのリペア。《ヒラメキ・プログラム》と《勝利宣言 鬼丸「覇」》の殿堂入りにより従来の形は組めなくなってしまったので、《ルナ・コスモビュー》から《超電磁マクスウェルZ》を連打するデッキになりました。当時の環境トップへの対抗策として練られたデッキだというのに、リペアをしたらその環境トップの使っていたギミックを採用せざるを得なくなったというのは何とも悲しいものがあります。

f:id:shikinaji:20160827025212j:plain

【メカオーリペア】

メインデッキ

4×海底鬼面城

3×無敵巨兵パラディーンS

4×電磁王機ピッコリ・コイルンガー

4×月光電人オボロカゲロウ

4×終末の時計 ザ・クロック

4×エナジー・ライト

1×ストリーミング・シェイパー

4×合身秘伝メカ・マシーン

4×奇術ロボ・ジェントルマン

4×超電磁マクスウェルZ

4×ルナ・コスモビュー

回し方

初ターンから手札交換を積極的に行い、《合身秘伝メカ・マシーン》と《奇術ロボ・ジェントルマン》を手札に抱え込みます。ある程度抱え込んだら軽量メカオーの《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》か《月光電人オボロカゲロウ》でシールドを殴りにいき、それをトリガーとして先ほど抱え込んだドローソースを一気に発動して大量の手札に変換します。

大量ドローをした次のターン、手札が増えたことによってG・ゼロが有効になった《ルナ・コスモビュー》を0マナで召喚。その上にソウルシフトで1マナになった《超電磁マクスウェルZ》を置いてゲームエンドです。

以前は速攻相手などにも《勝利宣言 鬼丸「覇」》でクソゲーを仕掛けられるため強力なデッキだったのですが、フィニッシャーが超電磁マクスウェルZ》になったことで呪文封じくらいしかできなくなったため大幅に弱体化しました。ただ、大量にドローするのは楽しいデッキです。

広告を非表示にする