読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

白緑野菜

デュエマ デッキ

条件の緩いG・ゼロを持った進化クリーチャーである《味頭領ドン・グリル》を中心に組まれたビートダウンデッキ。ビートダウンとは言っても勝つときは1ターンでほぼすべてのシールドを割るためワンショットデッキと言った方が正しいかもしれません。

緑単色で組むことも可能ですが光文明を絡ませることで受けに強くなり尚且つ墓地にも触りやすくなります。逆に緑単色にした場合はアタック・チャンス呪文を積むことができるため火力に優れます。集中火力を選ぶか柔軟性を選ぶかですね。

f:id:shikinaji:20160812154913j:plain

【白緑野菜】

メインデッキ

4×トレジャーマップ

ダンディ・ナスオ

ビクトリー・アップル

クリクリ・イガラーズ

フェアリー・ライフ

グレイト・カクタス

勇水の光陣

バロン・ゴーヤマ

味頭領ドン・グリル

音感の精霊龍 エメラルー

閃光の守護者ホーリー

回し方

トレジャーマップ》のサーチを経由して《クリクリ・イガラーズ》もしくは《ビクトリー・アップル》で2マナから4マナへの流れを作り、《グレイト・カクタス》で《バロン・ゴーヤマ》をサーチ。その後、《バロン・ゴーヤマ》を使い適宜必要な札を持ってくるというのが盤石の動き。この時点でバトルゾーンにワイルド・ベジーズが4体存在するため4ターン目の《バロン・ゴーヤマ》の能力で《グレイト・カクタス》をバトルゾーンに出し、味頭領ドン・グリル》をサーチをして、そのまま踏み倒して殴りにかかることも可能です。

さすがに環境トップのデッキと比較すると瞬間火力、対応力共に劣るデッキですが、踏み倒しメタさえ跋扈していなければまだまだやれるデッキだと思います。 でもそこそこ強い上にワンショットデッキだというのが仇となり、フリー対戦してもそんなに楽しくなかったです。かなしい。

広告を非表示にする