読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

プロモパックvol.2カード考察

WAR_OF_BRAINS

こんにちは、あです。

新年最初の記事にも書いたように今年の正月はほぼ全て世界樹の迷宮で遊んでいたら終わってしまいました。正月を潰した甲斐あり、モンスターリストは晴れて全て埋め終わったのですが、アイテムリストはまだまだ埋まってないのでもう少し世界樹漬け生活が続きそうです。

さて、いよいよ明日から新規プロモカードが追加されますね。内容に関しては後述しますが、イラストに関してはどれも魅力的ですね。イチオシは《審判の龍騎士 ジャオロン》です。

個別カード考察

審判の龍騎士 ジャオロン

テンポを損なわずにドラゴンサーチをしつつ、さらにログアウトで次に使用するドラゴンのコストを軽減することができる優秀なユニット。カードデザインに沿ってドラゴンデッキに採用するも良し、ドラゴンを《龍の子》のみに絞って次のターンの動きに0/2/1を加えるも良し、非常にタオシンの攻撃的な性格が表れているカードだと思います。【ドラゴンタオシン】を組んでいる身としては《雲蒸龍変》や《龍の卵》の事故率が落ちるのが嬉しいですね。

ただし今流行りの3T《ラッキー》の動きには弱いのでそこは上手くカバーしていきたいです。

弄傷のシャーロット

ライフを犠牲にすることでスペルのコストを軽くするユニット。特に《マジック・ボイル》と強いシナジーを形成します。いわゆるシステムユニットとなる訳ですが、E・G UNIONの中でもシェア率の高い【ユニオンコントロール】はライフを切ってまで1ターンに呪文を連射するようなデッキではないため、充分な活躍が見込めないと思われます。《魔弾にうつろうエデン》と生物学ウィルスを軸にしたアグロデッキでは活躍の場が得られるでしょう。

踊る殿様 ニャンポコ

コンボ前提なカードなので分かりません。採用されるとしたら多分【アグロラピス】だと思います。もしかしたらバフを掛けまくる【コンボニャンポコ】というデッキが生まれるかもしれません。

1枚でパワーとHPを揃えられるカードは《闇狼 ライガ》、《孤高の傭兵 ガンヴィート》、《獣使い ゴリアン》の3枚。特に《獣使い ゴリアン》のバフは他の2枚とは違い永続なので相性が良さそうですね。

雑感

前回のプロモパックよりは使い道が分かりやすいカードなのでぜひ集めておきたい3枚です。

ウォーブレに興味がある方はカードの転換期であるこの機会に始めてみたらどうでしょうか。というかユーザーが増えてくれないと突然サ-ビス終了しても止む無しな状況なので是非始めてください。せめてDLだけでも。

おわり。