読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【WAR OF BRAINS】プロモパックvol.4カード考察

WAR_OF_BRAINS

こんにちは、最近またハースストーンにハマりつつあるあです。ナーフが来て環境がカオスになっていてとても楽しいです。まぁワイルドしかやってないんですけどね。

さて、打って変わってウォーブレでは今日の深夜0時よりプロモパックが更新され、vol.4になったのでその中身のカードについて考察していきます。

f:id:shikinaji:20170223111252p:plain

個別カード考察

f:id:shikinaji:20170223111251p:plain

《混沌の訂正者》PROMO 2/2/2
・ログイン:このユニットを除く、パワー2以下のすべてのユニットの効果を消す。  

元からコントロール気質でアンチアグロ気味な国家だったマグナの更なるアンチアグロカード。2マナ標準スタッツを持ちながら大量のユニットの効果を無効化することが出来ます。特にシェア率の高い【ドラゴンタオシン】に対しては《龍の子》や《審判の騎士 ジャオロン》の効果を無効にできることから効果的に働くことが可能です。

他にも《メス》で攻撃力を下げたユニットや採用率の高い《ラッキー》の効果も無効化出来るため他の国家相手でも充分な活躍が見込めるでしょう。

気をつけたいのは自分のユニットの効果も無効にしてしまうところ。自身の《ラッキー》からガーディアンを取り上げてバーストダメージ出されたなんてヘマはしないように注意しましょう。

 

f:id:shikinaji:20170223111253p:plain

《影氷のフロスト》PROMO 6/1/6
・ログイン:対戦相手のユニット1体を-1/-0し、1ダメージ与える。
・このユニットからダメージを与えられたユニットは次の対戦相手のターン終了時まで攻撃できない。

相手のユニットを文字通りフリーズさせることができるユニット。場に出た時に1体、そして次のターンの攻撃時にもう1体の相手ユニットの攻撃を封じることが出来ます。このゲーム上では前例のない効果なだけに生放送のコメントでは強い派と弱い派が半々に分かれていました。

このユニットの強力な点は上述のフリーズ効果。相手に大型ユニットを出されたターンの返しにcipで足止めし、さらに次のターンに自身を突撃させることでもう1ターン足止めさせることができます。これにより《雷神 インドラ》や《ブラック・オペレーション》などといった除去が撃てるようになるまでのターンを稼いだり、タンゲワンショットなどのコンボパーツを集めたりすることができます。

逆にこのユニットの弱い点は重いコストと低いスタッツ。6/1/6と非常に低い攻撃力のため単体ではトレードが望めずほとんど仕事が出来ません。つまるところ、何かのカードとコンボをする前提となるので、単体のパワーで押し切るような攻撃的なデッキには入らず、受けに回ってカードを集める守備的なデッキには採用の余地がありそうです。

 

f:id:shikinaji:20170223111250p:plain

《ナディア》PROMO 2/1/1
・チョイス
 ・ランダムな文化学のスペル1枚をあなたの手札に加える。
 ・ランダムな文化学のユニット1枚をあなたの手札に加える。

ランダムな文化学のカードを手札に加えることができるユニット。

文化学スペルで狙いたいカードは細かい火力と大型火力を使い分けることのできる《炎神の息》と、相手のユニットまたはプレイヤーどちらかにダメージを与えることのできる《先手必勝》の2枚。どちらも盤面に触れられるカードなのでコントロールとの相性がよく、チョイスによって使い分けが効くため腐ることが少ないです。また、この2枚以外のスペルもコンボ前提のカードではないためそれなりの効力を発揮してくれると思います。

対する文化学ユニットは振れ幅が大きく、《龍吉公主》や《天を貫く王龍》、《雷神 インドラ》などの強力なファッティもあれば《龍の卵》や《審判の騎士 ジャオロン》などコンボ前提のカードもあります。全体枚数が多いのもあって、こちらのチョイスはあまり上振れを期待しない方が良いでしょう。

総じてランダム色の強いカードとなりますがスペルに関しては比較的安定したリソースを得られるためコントロールを中心にそこそこのデッキで起用されるような気がします。

雑感

前回や前々回のプロモパックの内容と比較すると今回のプロモパックは資産が溜まってから触るであろうコントロールデッキ寄りのカードが多く、逆に初心者が最初に触るであろうアグロ~ミッドレンジ寄りのカードは少なく感じます。

でも集めておかないと後々困るので必ず3枚ずつ集めましょう。

おわり。