料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【Shadowverse】サハエイラビショップ

ニュートラルフォロワーならどんなに高PPであっても一時的に踏み倒せる《サハクィエル》とDREV環境にて一世を風靡した《エイラの祈祷》を組み合わせたコントロールデッキ。

序盤こそ脆いデッキではありますが、序盤さえ凌げれば横の展開に対してはビショップの《テミスの審判》、《エンシェントレオスピリット》で、縦の展開には《サハクィエル》で対応きるようになるため序盤をどう流すかが鍵となります。

f:id:shikinaji:20161004000221p:plain

 【サハエイラ】

3×聖なる願い

ユニコーンの踊り手・ユニコ

2×ラビットヒーラー

2×フロッグクレリック

3×漆黒の法典

3×ヒーリングエンジェル

3×プリズムプリースト

2×エイラの祈祷

3×鉄槌の僧侶

レディアンスエンジェル

2×エンシェントレオスピリット

3×テミスの審判

サハクィエル

ルシフェル

3×バハムート

shadowverse-portal.com

回し方

序盤はとにかく耐え凌ぐことを意識します。ビショップのカードの中で進化時に効果を発動するフォロワー《スレッジエクソシスト》、《鉄槌の僧侶》、《エンシェントレオスピリット》はどれも強力で押されていた盤面をひっくり返す力を持っていますが、代わりに序盤のフォロワーの質は(他のリーダーに比べて)そこまで高くはありません。ビショップの低PPカードの中でも特別評価の高かった《獣姫の呼び声》でさえカウントダウンを加速できなかった場合、その姿を現わすのは5ターン目で序盤の盤面には触ることはできません。よって、ビショップは中盤以降の受けこそ素晴らしい力を持っていますが序盤はそこまで強くはないクラスなのです。逆を返せば中盤以降は盤面を取り返して圧力をかけることも可能なので《ユニコーンの踊り手・ユニコ》や《漆黒の法典》などバリューの高いカードを使いライフと盤面を守りましょう。

中盤以降は《エイラの祈祷》を軸にして盤面の取り合いを仕掛けます。序盤で相手に盤面を取られてしまった場合は《テミスの審判》、《エンシェントレオスピリット》などで一度盤面のリセットを掛けて更地にします。その後は相手の動きに合わせてライフゲインをしたり《サハクィエル》から巨大なフォロワーをぶつけたりして盤面を優勢に持っていきます。

勝負が長引いた時は《エイラの祈祷》ごと《バハムート》でぶっ壊します。こちらのライフゲインカードの枚数にも限界があるので相手の除去を《エイラの祈祷》で吐き切らせたらゴリ押しします。特に《エイラの祈祷》に《変成の魔術》を当ててくる【秘術ウィッチ】やバフ合戦になる【エイラビショップ】ミラーに対しては非常に有効な一撃となります。この2つのデッキに微有利が付くのは【エイラビショップ】にはない利点ですね。

ただ、《サハクィエル》を使いたいだけならば【ランプドラゴン】の方が安定するのでそちらをお勧めします。新拡張パック神々の騒嵐での強化も約束されているため、今期はもちろん次期もおすすめのデッキタイプです。

おわり。