料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【Hearthstone】クエストウォリアー(wild)

今回紹介するデッキはワイルド用の【クエストウォリアー】です。ワイルドきってのアグロストッパーである《デスロード》と《ヘドロゲッパー》、さらにその2枚と相性の良い《頽廃させしものン=ゾス》を採用することにより、スタンダードの【クエストウォリアー】よりも防御力が格段に上がっています。

Hearthpwnのリストだと少し見辛いと感じたので今回はカードのサムネイルも表示されるDEKKIのリストを使用しました。

【クエストウォリアー】

f:id:shikinaji:20170421212336p:plain

回し方

盤面の取り方はスタンダードの【クエストウォリアー】と変わりません。クエストのリターンが大きいので【海賊ウォリアー】や【フェイスハンター】などのとにかく顔面を殴って来る相手以外には初手のクエストをキープして《サルファラス》の獲得を狙っていきます。

ワイルド環境下で脅威になり得る【ンゾスシャーマン】や【レノロック】などのコントロール気質のデッキや【フリーズメイジ】や【マリゴスシャーマン】などのコンボデッキに対しては《ドブネズミ》と《デスロード》のデメリットを上手く使って相手の切り札を盤面に引き摺り出して《止めの一撃》や《乱闘》で仕留めます。仕留められなければ受けに特化しているぶん妨害策が薄いデッキなので苦戦を強いられるでしょう。

不利な相手は【翡翠ドルイド】や【エコーメイジ】。《乱闘》を上手く当てることが出来なければ勝てません。噂によれば《溶岩の巨人》がナーフ前の状態になって帰って来るらしいのですがそうなると結構厳しそうですね。

おわり。