料亭しきなあじ

転々とカードゲームやる人。

【デュエマ】赤青マッドネス

こんにちは、あです。

今日紹介するデッキは【赤青マッドネス】です。受けを強くしたデッキでありながら、ウィニーで手札交換をして《プラチナ・ワルスラ》を引き込むことでビートダウンも出来るようにしたため非常に使い勝手の良いデッキが作れたと思います。

【赤青マッドネス】

1×エメラル

1×勇愛の天秤

4×異端流し オニカマス

4×チェレン

4×熱湯グレンニャー

4×サイバー・チューン

1×光牙忍ハヤブサマル

4×アクア・スーパーエメラル

4×プラチナ・ワルスラS

4×スーパー・サイチェン・ピッピー

3×崇高なる智略 オクトー

2×ドドンガ轟キャノン

4×斬隠蒼頭龍バイケン

超次元ゾーン

1×サコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン

1×アクア・カスケード〈ZABUUUN・クルーザー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

1×勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1×シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン

1×光器セイント・アヴェ・マリア/豪遊!セイント・シャン・メリー

1×ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

2×ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン

f:id:shikinaji:20160920163802j:plainf:id:shikinaji:20160921024912j:plainf:id:shikinaji:20170430205759j:plain

このデッキのプランは大きく分けて2つあります。1つは高速~中速ビートダウンに対してのガン受けプラン、もう1つは足の遅いデッキに対してのビートプランです。

まずはガン受けプランについて。

こちらはS・トリガーが多く含まれているこのデッキが得意なプランです。相手のクリーチャーのシールドブレイクを起点にして攻めに転じます。主に攻め手となるクリーチャーはマッドネス効果を持つ《斬隠蒼頭龍バイケン》と《スーパー・サイチェン・ピッピー》、そして相手の足を止めることができる《崇高なる智略 オクトーパ》の3枚。どのカードも(実質)S・トリガー持ち、尚且つそのうち2枚は相手の妨害も出来るカードなため非常にバリューが高いです。ビート相手には《エメラル》や《チェレンコ》などでS・トリガーを仕込みつつ《斬隠蒼頭龍バイケン》と《スーパー・サイチェン・ピッピー》をシールドから掘り起こして手札に抱えておくプレイが重要となります。

超次元ゾーンは見ての通り、《ガイアール・カイザー》の隠された能力であるシールドを置換で墓地に送ってハンターを出す能力も使えるような構成になっています。ただ、ルール変更により複数枚ブレイクされるシールドが同時に手札に加えられるようになったため、そんなことをしてる余裕はなくなりました。

f:id:shikinaji:20170430205822j:plainf:id:shikinaji:20170430205829j:plainf:id:shikinaji:20170429230245j:plain

もう1つのビートプランについて。

こちらはこのデッキが本来ターゲットにしないデッキに対する予備のプランのため、ビートプランでありながら他のデッキに比べるとプッシュ力が低いです。ただ、無いよりはマシです。

攻めの中心となるのは《プラチナ・ワルスラ》。コントロールやコンボデッキなど殴ってこない相手に無力なマッドネスカードを捨てつつウィニーや2体目以降の《プラチナ・ワルスラ》を集めます。


攻めと受けを両立したデッキですが今のカードプールから見るとデッキパワー自体が貧弱であるため活躍は難しいと思います。ただ、地雷デッキとしてならば爪痕を残すことができるかもしれませんね。

おわり。