【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(パラディン・プリースト・ローグ)

※注:スマホ版はデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

パラディン

f:id:shikinaji:20180411025115p:plain

Prince Liam

ゲーム終盤に場に出すことで低バリューミニオンや1マナの秘策を高バリューミニオンに変えることができる可能性を持つ。

ただ、それらを採用するデッキは終盤までに《動員》や《神聖なる恩寵》などで1マナのカードを全て引きずり出すような気がする。

f:id:shikinaji:20180405172720p:plain

The Glass Knignt

性能はミッドレンジ寄りなのに聖なる盾を獲得する条件はコントロール寄りなチグハグカード。《ボルヴァー・ドラゴンフレイム》と相性がいいぞ!

遠目に見ると《光の王ラグナロス》に若干似てる。

f:id:shikinaji:20180404172910p:plain

Cathedra Gargoyle

☆☆☆

《動員》との相性こそ良くないが、雄叫び効果はかの有名な序盤最強カードの一角である《シールド・ミニロボ》を超えている。

ドラゴンの供給さえ安定すれば《ドラゴンパラディン》の環境入りもそう遠くはないだろう。

f:id:shikinaji:20180411025615p:plain

Hidden Wisdom

1ターンにカードを3枚以上切るデッキが増えれば滅茶苦茶強い。

 

 

f:id:shikinaji:20180405173112p:plain

Silver Sword

☆☆☆

基本がゴリ押しの【動員パラディン】のゴリ押し度を更に高めるカード。

時折見かける《ヴァインクリーヴァー》入りの【新兵パラディン】のような終盤まで見た《動員》デッキに採用が検討されそう。

f:id:shikinaji:20180405173411p:plain

Bellringer Sentry

デッキから秘策を準備できること自体が強力なのは《マッドサイエンティスト》や《謎めいた挑戦者》で証明済みだが、パラディンの秘策はピンポイント起用で輝く秘策が多いのでランダムだと少し物足りない感じがする。

《仇討ち》のようないつ発動しても強い秘策が来たら話は別。

f:id:shikinaji:20180411030140p:plain

Paragon of Light

☆☆☆

《ダイアウルフリーダー》の横に置くだけで動ける《タールクリーパー》になるのは絶対面倒くさい。

使われる側としてはヘルス5に困らされることが多そう。

 

f:id:shikinaji:20180411025803p:plain

Ghostly Charger

《アージェントの騎兵》や《アージェントの司令官》と似た使い方が考えられるが重いのが気になる。

 

 

f:id:shikinaji:20180404173317p:plain

Rebuke

☆☆☆

スペル版の《ロウゼブ》。ミニオンであるため腐ることがなかった《ロウゼブ》に対してこちらは空撃ちになって2マナのテンポロスを引き起こす可能性もある。

それでも撃たれたら嫌なのでこの評価。

f:id:shikinaji:20180404173840p:plain

Sound the Bells!

☆☆

ドローが《神聖なる恩寵》頼みになることが多かった【クエスパラディン】には嬉しい一枚。

 

 

プリースト

f:id:shikinaji:20180404174855p:plain

Lady in White

☆☆

可能性の塊。今後の新規カードでさらに化ける可能性もある。

今回のパックだとヘルスの高いswap勢と相性が良い。

 

f:id:shikinaji:20180404174852p:plainChameleos

☆☆☆

毎ターン相手の手札をピーピングできるのはこちらにとって大きなアドバンテージとなるのでなるべく手札に温存しておきたい。

また、変身するカードは(基本的に)構築クラスのカードになるため《変身者ゼラス》のような不安定さがないのも高評価。

f:id:shikinaji:20180404174849p:plainGlitter Moth

ヘルスを2倍にする効果は多くのプリーストのカードと強いシナジーを形成するが、効果の発動条件を加味すると《影の幻視》や《影刈アンドウィン》を採用し辛いという点が大きく足を引っ張る。

 

f:id:shikinaji:20180404174839p:plainVivid Nightmare

☆☆

《蜃気楼の呼び手》を《影の幻視》でサーチができるようになったと考えるとコンボデッキでの採用が見えてくる。

《太陽の砕片ライラ》と《光熱のエレメンタル》でグルグルしてるときにこのカードが出てきてくれたら笑顔になれる。

f:id:shikinaji:20180411031929p:plain

Nightscale Matriarch

☆☆☆

放置できない効果を持ちながら自身のスタッツも絶妙に除去し辛いラインを保っているので相手にしたら非常に厄介。

プリーストのカードだが同時にプリーストの天敵にもなり得る。

f:id:shikinaji:20180404174931p:plainCoffin Crasher

☆☆

《トワイライトの呼び声》や《黒曜石の像》、《ケーアン・ブラッドフーフ》などを採用したバリュー意識の【クエストプリースト】での採用が望める。

絵面がすごい。

f:id:shikinaji:20180404174927p:plainHoly Water

☆☆☆

プリースト待望(?)の中型単体ダメージスペル。出来れば《アジュアドレイク》が現役の頃に欲しかったカード。

【コントロールプリースト】に採用して相手のカードを盗みたい。

f:id:shikinaji:20180411031324p:plain

Quartz Elemental

☆☆☆

1点与えられて放置を毎ターン繰り返されたら悲しい気持ちになる。

【OTKプリースト】との相性が良さそう。特に《イかれた錬金術師》や《ヴォイド・リッパー》は仕様の関係上相性抜群。

f:id:shikinaji:20180411030846p:plain

Divine Hymn

《回復の輪》と《瞬間回復》を組み合わせたようなカード。または《連結回復》の強化版。

どっちつかずな感じが否めない。

f:id:shikinaji:20180411030711p:plain

Squashling

このカードのEchoの利点がよくわからない。

でも多分弱いよ。

 

ローグ

f:id:shikinaji:20180407171507p:plain

Tess Greymane

☆☆☆☆☆

面白いから☆5。

 

 

f:id:shikinaji:20180404175441p:plain

Face Collector

☆☆

Echoとローグの得意とするセルフバウンスやカードコピーで大量のバリューを得ることが出来そうなカード。ただし、手札に加わるのはランダムなミニオンなので不安定さも目立つ。でも楽しいと思う。

f:id:shikinaji:20180404175534p:plain

WANTED!

☆☆☆☆

ローグにコインを渡すとロクなことにならない。

 

 

f:id:shikinaji:20180404175611p:plain

Spectral Cutlass

☆☆

手札に存在するときにカウントが始まるのか、装備してからカウントが始まるのか、デッキ内でもカウントが始まっているのかによりけり。

武器破壊に弱いのが致命的だが生命奪取持ちで耐久を伸ばせる武器なので第二の《大逆の刃キングスベイン》となるか?

f:id:shikinaji:20180404175657p:plain

Cursed Castaway

☆☆☆

デッキ内のコンボカードの種類を絞ることによってピンポイントサーチができる。加えてRush持ち。優秀。

特に《エルフの吟遊楽人》とは互いにサーチし合えるので相性抜群。多分。

f:id:shikinaji:20180405182449p:plain

Mistwraith

《自由なるエレメンタル》が構築戦で使われないってことはつまりはそういうことなんだと思う。

ローグの代表的なカードである《エドウィン・ヴァンクリーフ》と【ミラクルローグ】では定番の《クエスト中の冒険者》がライバルとしては強敵過ぎる。

f:id:shikinaji:20180405183032p:plain

Pick Pocket

☆☆

《強盗》がスタン落ちして以来、完全に死に体だった【パクローグ】の泣きの一枚。

手札に加わるカードはランダムだが、コンボの起点にできたりドロー枚数を調整できる点は非常に評価が高い。

f:id:shikinaji:20180411032448p:plain

Cutthroat Buccaneer

☆☆

サイズの小さくなった《ナーガの海賊》。

コンボをしないと武器をバフできないのが結構辛そう。

 

f:id:shikinaji:20180407171143p:plain

Blink Fox

☆☆

弱めのテンポカード。

《怪盗紳士》と違ってコンボの起点にし辛い点が大きなマイナスポイントだが、【パクローグ】では採用されそう。

f:id:shikinaji:20180404175730p:plain

Cheap Shot

ローグのスペルでEcho持ちという点では強力だが、如何せん効果がマナコストに見合ってないように思える。

ただ、3ダメージだと強いだろうしカードの調整って難しいんだろうなぁ。

おわり。