【Hearthstone】妖の森ウィッチウッドカード評価予想(シャーマン・ウォーロック・ウォリアー)

※注:スマホ版はデザインが崩れている場合があります。ご容赦ください。

☆☆☆☆…そのクラス下で採用しないトップメタのデッキがほぼないカード

(例:《太陽の番人タリム》・《コボルトの司書》・《動員》など)

☆☆☆…環境トップメタの一角だがデッキタイプは選ぶカード

(例:《温厚なメガサウルス》・《ダスクブレイカー》・《爆発のルーン》など)

☆☆…環境トップメタではないがファンデッキの核となるカード

(例:《ドラゴンソウル》・《パーティを組もう》・《ギルド募集係》など)

☆…発見を除くと構築戦では到底見ないカード

(例:《腐触ヘドロ》・《コボルトの弟子》・バニラファッティなど)

★…環境に強く依存するテックカード

(例:《飢えたカニ》・《待ち伏せのガイスト》・《クライヤミ》など)

f:id:shikinaji:20180403232927p:plain

シャーマン

f:id:shikinaji:20180404181335p:plainf:id:shikinaji:20180404181351p:plain

Hagatha the Witch/Bewitch

☆☆☆

【エレメンタルシャーマン】や【トークンシャーマン】などミニオンをベースとしたデッキの終盤のカードバリューを引き上げることができる。

コントロールデッキでも雄叫びの3点AOEが役に立ちそう。強そう。

f:id:shikinaji:20180411131940p:plain

Shudderwock

☆☆☆☆☆

面白そうだから☆5つ。

普通に強いとも思ってる。

 

f:id:shikinaji:20180404181448p:plain

Bogshaper

サイズと種族は良い感じだがミニオンベースのデッキに採用すべきなのかスペルベースのデッキに採用すべきなのか中途半端な感じが否めない。

ただ、シャーマンでは数少ない手札を増やせるカードなのでコンボデッキには使えそうな気がしないでもない。

f:id:shikinaji:20180406105320p:plain

Totem Cruncher

横展開が得意なトーテムを縦の強さに変換する《ヴォイドテラー》に似たようなカード。

現在のシャーマンは横展開からの《告死隠者スロール》の2段階進化の動きが強力なので《原始の護符》を無理やり使うようなコンボデッキにしか採用されないと思う。

f:id:shikinaji:20180404181530p:plain

Murkspark Eel

2/2/3の2ダメージは強力なテンポカードだが、おそらく偶数カードのみでテンポデッキを組もうとするのは無謀。

ミッドレンジデッキのフィニッシャーになり得る《告死隠者スロール》と相性が悪いのも低評価。

f:id:shikinaji:20180411132022p:plain

Earthen Might

☆☆

1マナのエレメンタルに《ファイアフライ》や《グレイシャルシャード》といった優秀なカードが揃っているため、それらとこのカードを組み合わせることで序盤からボードを支配することができる。

多分テンポ型の【エレメンタルシャーマン】に採用されそう。

f:id:shikinaji:20180411132130p:plain

Blazing Invocation

雄叫びは範囲が大きすぎる。

 

 

f:id:shikinaji:20180411132214p:plain

Ghost Light Angler

☆☆☆

Echo持ちのマーロック。2マナと非常に軽い上に《氷上釣り》でサーチが可能なので【クエストシャーマン】以外に《Hagatha the Witch》を中心としたシャーマンデッキにも採用できそう。

 

f:id:shikinaji:20180404181616p:plain

Witch's Apprentice

シャーマンのスペルは上振れと下振れがやたらと激しいので同じ効果を持つ《おしゃべりな本》のように使うことは難しい。

獣じゃなくてトーテムだったらもう少し評価が高かった。

f:id:shikinaji:20180411132254p:plain

Zap!

☆☆☆

《死角からの一刺し》が強いならこれも強い。

 

 

ウォーロック

f:id:shikinaji:20180404181709p:plain

Lord Godfrey

☆☆☆

生きる《冒涜》。コントロール系のウォーロックなら無理にでもデッキに捻じ込みたい性能。

効果のエフェクトがめっちゃかっこいい。

 

f:id:shikinaji:20180404181747p:plain

Glinda Crowskin

6マナ支払った後のEchoが大きく役に立つ機会が少なさそう。

でもヘルス7はデコイとしては非常に優秀。

 

f:id:shikinaji:20180404181835p:plain

Deathweb Spider

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411133757p:plain

Ratcatcher

☆☆

Rush持ちの《ヴォイドテラー》。

ほぼ確実に1回は有利トレードを取りに行けるためミッドレンジ系のウォーロックのデッキへの採用が見込める。

f:id:shikinaji:20180404181912p:plain

Blood Witch

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411134002p:plain

Curse of Weakness

延命カード。

使いたいタイミングが思い浮かばない。

 

f:id:shikinaji:20180411134103p:plain

Dark Possession

☆☆☆

悪魔ミニオンは安定して強いものが多いため高評価。

軽い自傷ダメージが付いているので今回のパックで増えた自傷シナジーを後押ししてくれるのも好印象。

f:id:shikinaji:20180411134319p:plain

Fiendish Circle

《ブラッドフューリー・ポーション》と《クリスタルウィーバー》が入れ替わりでスタン落ちしたのが辛い。

 

f:id:shikinaji:20180404181951p:plain

Duskbat

☆☆

自傷シナジーを中心としたミッドレンジデッキに採用されると思われる。

対抗馬はシナジーが薄い代わりに安定度の高い【zoo】。

f:id:shikinaji:20180411134501p:plain

Witchwood Imp

《ブラッドフューリー・ポーション》と《クリスタルウィーバー》が入れ替わりでスタン落ちしたのが辛い。

 

ウォリアー

f:id:shikinaji:20180404182037p:plain

Blackhowl Gunspire

☆☆

《Warpath》と同時に使ってドドドドドドドドドってしたい。

《ドグザレガオ》とは違ってダメージを受けて破壊された場合にも効果が発動してくれるのが嬉しい。

f:id:shikinaji:20180404182125p:plain

Darius Crowley

☆☆☆

《ブギーモンスター》の反省が活かされたRush持ち。4マナミニオンに打ち取られるスタッツなので武器でフォローをしてあげたい。

放っておくことができない性能をしているのでデコイとしても優秀。【テンポウォリアー】が台頭してきたらとても厄介な存在になると思う。

f:id:shikinaji:20180404182213p:plain

Deadly Arsenal

《ドラゴンの憤怒》と似たようなデッキ構築の時点でおおよそのダメージ値が決まるAOE

採用するならば《コントロールウォリアー》になるが《コントロールウォリアー》にはどうしてもデッキに《ブラッドレイザー》が入ってきてしまうので安定性の低さに目が行ってしまう。

f:id:shikinaji:20180406105708p:plain

Town Crier

☆☆☆

サーチは強い。

スタッツも強い。

シンプルに強い。

f:id:shikinaji:20180407171810p:plain

Festeroot Hulk

ヒーローが殴るのもカウントしてほしかった。

それでも弱そう。

 

f:id:shikinaji:20180404182304p:plain

Militia Commander

Rush持ちで尚且つ4マナバニラスタッツを一方的に倒せるスタッツになるのは魅力的だが、次のターン以降アタック2になってしまうのが勿体ない。

 

f:id:shikinaji:20180404182344p:plain

Redband Wasp

《ブラッドレイザー》と相性がいい。

採用するとしたら【テンポウォリアー】?

 

f:id:shikinaji:20180411134740p:plain

Rabid Worgen

弱いような気がする。

 

 

f:id:shikinaji:20180404182524p:plain

Warpath

☆☆☆

《旋風剣》とは異なり《待ち伏せのガイスト》で焼かれないのが魅力的。

終盤にも実質5点AOEとしても使えるので【コントロールウォリアー】ではキーカードになりそう。

f:id:shikinaji:20180404182444p:plain

Woodcutter's Axe

☆☆☆

ナーフ前の《烈火の戦斧》には及ばないが強力な断末魔効果を持つので序盤のボード支配にかなり優れている気がする。

【テンポウォリアー】復権の引き金となるか?

おわり。